Q&A

Q:公務員でも連盟の会員になれますか?

A:なれます。連盟会員になる事は何ら違法ではありません。

 

Q:公務員でも連盟の役員になれますか?

A:なれません。公務員が政治団体の役員や運営に携わって講師や司会等になる事は違法にあたります。

 

Q:会員になると会費を支払う必要がありますか?

A:会員費は無料です。政治資金は連盟主催の研修費で賄っています。

 

Q:なぜ協会以外の連盟が必要なのですか?

A:理学療法士協会(職能団体)は政治活動は行なえても、選挙運動は行えない為です。理学療法士連盟は公式な政治団体ですので、選挙運動が許されています。

 

Q:政治活動と選挙運動の違いがよくわかりません。

A:当ホームページメニューの「政治活動と選挙運動」をご覧ください。

 

Q:職場で政治活動や選挙運動をしても良いのですか?

A:職場の就業規則に準じて、業務に支障のない範囲で行う事が社会人としてのマナーです。個人の意思を他人に伝える事は何ら問題ではありません。しかし上司の権限を利用して組織的に政治活動や選挙運動を強要する事は、抵触となる可能性もあるので注意が必要です。

  

Q:会員になると政治活動や選挙運動に借り出されるのでしょうか?

A:あくまで個人の意思で行って頂くものであり、連盟が強要・強制するものではありません。

 

Q:なぜ会員数を増やす必要があるのですか?

A:国政にとって選挙は民主主義というルールで行われる事はご承知のとおりだと思います。連盟が力を付ける為には会員数を増やす事が必要不可欠なのです。

 

Q:職能団体が政治活動(後援会活動等)を行う事は違法ですか?

A:政治活動はどなた(組織)でも行う事が出来ます。ただし、買収を利用したり選挙期間以外で選挙運動を疑わせるような文言は違法となる可能性がありますので注意が必要です。

 

Q:電子メールで後援会の入会案内をする事は違法ですか?

A:後援会の入会案内は政治活動であり違法ではありません。電子メールを活用しての選挙運動またはそれを疑うような文言は違法となる可能性がありますので注意が必要です。

 

Q:政治パーティーって何ですか?

A:政治家が合法的に選挙資金を集める為に、食事付きの講演会を開催し応援者を招くパーティーです。ですから、安くて簡単にお腹が満たされる食事がたくさん振る舞われのが通例となっています。

 

Q:後援会活動による名簿集めをするのは何故ですか?

A:政治家が選挙に勝つためには政党に属したり、地盤となる応援者を多数集めなくてはならないからです。選挙には莫大なお金がかかります。負けるとわかっている選挙は誰もが出馬しないのが得策だと考えるのが当然です。政治家は政党に認めてもらい、知名度が上がって地盤が固まり、資金が調達できれば出馬するというのが一般的な流れです。

 

 

ご不明な点は気軽に下記連盟までご連絡下さい。