「議員連盟」とは政策や法案を決める仲間となる議員さんの集まりの事です。


静岡県議会 自民改革会議リハビリテーション支援議連 設立


 平成27年11月19日、自由民主党静岡県支部連合会は、今後の施策実行に向けて「静岡県議会自民改革会議リハビリテーション支援議連」を設立しました。

 現在、自民党県議会議員35名で構成されたこの組織は、今後リハビリテーション専門職の理解をより深める為に、定期的な勉強会の開催や具体的な登用方法について検討しています。  

 

 理学療法士等の活躍や専門性は、未だ行政内で周知されているとは言い難い状況です。理学療法士の専門性とは、対象者を理学的な知見から評価して「生活」を科学し、身体や環境づくりが行える点にあります。この専門性が今後の「まちづくり」に対し、どのようなかたちで貢献ができるのか、限られた医療・介護における地方財源のなかで、適切な資源配分ができる職種は誰なのか、能動的に健康寿命を延ばす教育が行なえる職種は誰なのか、地域包括ケアシステムでリーダーシップを発揮できる職種は誰なのか等、我々、理学療法士は今までの組織力を活かし、行政に対し要望していく時であるといえます。


ダウンロード
平成29年度 静岡県リハビリテーション専門職団体における要望内容
1. 高度急性期・急性期病院におけるリハビリテーションの充実について
2. 学校保健の運動器検診における理学療法士を活用することについて
3. 企業及び介護保険事業所等における産業理学療法の積極的関与について
4. 認知症運転者による交通事故防止に対する作業療法士の積極的関与について
5. 高次脳機能障害者のジョブコーチングにおける作業療法士の積極的関与について
6. 大規模災害(大震災等)に対するリハビリ支援の普及推進
7. 行政における理学療法士等の配置の推進
8. 障害者(児)福祉分野への働きかけの推進
171129 リハビリテーション専門職団体 要望書.pdf
PDFファイル 1.5 MB