理学療法士の職能を守る政治が必要です。

 静岡県理学療法士連盟は、理学療法士の学術研鑽の応援はもちろんのこと、職能の防衛と拡大に向けて、県政及び国政に向けて、要望書や意見書を提示し、代弁者となる組織代表者(政治家)を政界へ送り出す為の選挙運動を行う公的な政治団体です。

 公益社団法人静岡県理学療法士会と協力しての政治活動はもちろんですが、選挙運動は静岡県理学療法士連盟が主となって行います。

 超少子高齢化・急増する理学療法士・社会保障の持続困難が懸念される現代において、理学療法士にとって「政治」とは「くらし」そのものを左右する存在であります。政治に参画してそれを監視し、選挙投票へ行く事は国民の義務である事を忘れてはなりません。

 すべての国民の皆様の健康寿命の延伸と、障害者・高齢者の生活・社会復帰の為に日々活動しております。